徳島共和薬品についてAbout us

設備

トラブルの未然防止のため、
徹底したデータ化に注力しています。地域の皆さまと共に

電子薬歴を導入することで、いつ何種類の薬を何日分処方したかがすぐに確認できるため、患者様からのお問い合わせや処方のミスなども瞬時に確認することができます。 徳島共和薬品の全店舗の在庫管理は、迅速な発注業務が行えるよう全てデータ化しています。

医療費の圧迫により国の医療制度も変わりつつあります。このように社会と制度療法が変わっていくことで調剤薬局も担うべき役割や業務内容が変わりつつあります。その中で改善するところ、守るべきところをしっかりと吟味する必要があります。

電子薬歴

情報をデータ化することにより最新のデータベースと連動させた薬歴管理を行なっています。これにより患者様それぞれに最適の投薬指導、サービスを行うことができます。

隣接する病院に最適な、
分包機を導入しています。

患者様とのコミュニケーション力・カウンセリング力などを重要視できるよう、機械化導入は強力に仕事をサポートしてくれます。

自動分包機

一回ごとの飲む薬の一包化を行う機械です。用途により様々なものがありますが、各店舗ごとに最適なものを配置しています。

全自動分包機

自動分包機の作業をすべて自動で行うものです。これによって長時間の一包化や一回あたりの服用量が多い調剤に対応することが容易になります。
ハード面に力を入れることは、
働きやすい環境づくりに
繋がります。

全自動排出機

処方箋の入力時点で自動的にヒートを取り出してくれます。これにより、薬剤師のピッキングに使う時間を短縮させることができ、より質の高い情報提供を可能にします。

水剤定量分注機

セットした水剤を自動的に定期抽出してくれます。

薬局は進化のステージへ、まずは監査から。

調剤監査システム

1台で散剤と水剤の両方に対応する
調剤監査システム

監査支援システム

次世代の監査支援システムです。お薬をのせ、撮影ボタンを押すだけで薬種・数量を判定し、医薬品マスターの登録作業を行わない、画期的な自動更新型クラウド設計です。